窒素ガス(チッソN2)発生装置

豆知識 Q&A 【分離方式 PSA比較】(窒素N2ガス発生装置の仕組み・原理)

窒素ガス発生装置の仕組み・原理

窒素ガス発生装置は、オンサイトで、空気中(圧縮エアー)から特殊活性炭を利用し、窒素(N2)を作ります。
窒素ガス(N2ガス)といえば、タンクローリー、又は窒素ボンベで運んでいる事業所・工場は多いと思います。
しかし、徐々にエアーコンプレッサー~N2ガスを作ることが多くなりつつあります。

当店で取り扱っている窒素ガス発生装置は2種類あります。
まずは、それぞれの仕組み・原理をご紹介します。

窒素ガス発生装置の仕組・原理

基本1:空気から窒素を取り出します

空気の成分表

空気80%近くは窒素から出来ています。

成分 割合
窒素(ちっそ) 約78%
酸素(さんそ) 約20%
アルゴン 約0.93%
二酸化炭素(にさんかたんそ) 約0.03%
その他 -

基本2:窒素ガスと酸素ガスの大きさに違いがあります

大きさの違いを利用して窒素を取り出します。

窒素分子(N2):4.2×3.0A
酸素分子(O2):3.8×2.8A

窒素酸素大きさの違い

窒素ガス分離の比較

項 目 分離膜方式 PSA(Puresure Swing Adsorption)方式
選 択 の イ メ | ジ
分離膜方式選択のイメージ PSA方式選択のイメージ
濃 度 変 化

実 物 写 真
分離膜方式濃度変化中空糸膜拡大図
結果:透過速度に差がある
PSA方式濃度変化MSC拡大図
結果:透過速度に差がある
作 動 の イ メ | ジ 膜を中空糸にし、束ねて筒に納めて、
圧縮空気を送る。
窒素ガスを濾し分け取り出す。
分離膜方式作動イメージ
MSCを2本の筒に納め、圧縮空気を送り酸素を吸着させ、次に窒素ガスを取り出し、酸素は大気に解放する。これを交互に行う。
PSA方式作動のイメージ
装 置 概 要 圧縮空気をガス分離膜(中空糸膜)に送り込み、膜を透過しなかった窒素、アルゴンガス等が製品として取り出されます。なお膜はクリーンな空気圧の使用においては半永久的に使用が可能です。 吸着剤を利用した窒素発生装置で、空気から効率よく酸素と窒素を分離し、99.99%までの窒素を供給します。
ガ ス 濃 度 97~99% 99~99.99%

まずはお問合せを!お気軽にご相談ください

樹脂テストやデモ機など、当店のサービスをご利用いただき、
お客様のお困りごと解決のお手伝いをさせて頂きます。
また、コストメリット試算や資料などもお待たせせずにお出しいたします
お気軽にお問合せ下さい。

商品カテゴリ

当ショップの特典

エアーフィルターについて

エアーとドレンが漏れる

窒素ガス(チッソN2)発生装置

ドライヤ警告灯が点灯したら

静音コンプレッサー比較

海外でのコンプレッサー使用

チョコデコレーションマシン


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

定休日
■第1、3土曜・日曜・祝日
※お問合・発送は休み。

【営業時間】
平日8~17時

【当日受注締切時間】
平日15時頃

ページトップへ